前のページ次のページ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 
■窯ー松下製陶所
しばらく使われていなかった工場の奥にはいると、薄暗い中にかつて土管が焼かれていた窯あった。
まるで古代の遺跡を発見した気分。
この工場の窯はめずらしく二階建て構造。
中に見えるものは焼き台と呼ばれるもの。これに土管を載せて焼いた。
■図面の前で
常滑の手びねりの第一人者・松下さん。となりに見える図面はお寺などによく見かける御用水の水瓶の図面、これから制作するのだ。完成すると高さ140センチほどもある。ここまで大きいとまともに作れる人は常滑でも数少ない。


COPYRIGHT(C) TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.