前のページ次のページ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 
■焼酎瓶の塀
焼酎瓶は液体を保存や運搬するための容器。この中にお酒や醤油を入れて貯蔵したり船に積んで運んだりした。常滑で土管の次によく見かける。知多半島は酒造りが盛んだったせいかもしれない。常滑の街中で見かけるこのような焼き物製品は基本的にB品を使っている。割れや歪みなどがあり使えないものだ。
焼酎瓶で土留めなどに使っている例はよく見るが、ここでは塀として使っているめずらしい例。
■土管の窯詰めの仕方
土管は立てて窯の中に入れられる。出来るだけ多く窯の中に入れるために、大きい土管の中に小さい土管を入れ窯詰めされる。ここの土留めに使われていた土管は、どうやら焼成中に倒れたようで歪んでしまっていた。


COPYRIGHT(C) TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.