前のページ次のページ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 
■一木橋のたもとで
陶磁器会館の近くに二つ丘を渡る陸橋が一木橋です。昔は繋がった丘だったけど、交通の便をはかるため切り通しの道になりかつての丘の上の道は橋となりました。おばあちゃんの後ろに見える右上がりの斜面がかつての丘を越える旧道。確かにこれじゃ自転車も通れません。
■えごろ(手前に見える丸い円柱状のもの)
土地によって呼び方が変わるけど、常滑ではえごろ・えんごろと呼ばれています。窯焚きの時に灰をかけたくない製品をこの中に入れて焼きました。大きさ形もいろいろなものがあります。


COPYRIGHT(C) TAKEHIKO MISAWA PHOTOGRAPH OFFICE ALL RIGHTS RESERVED.